logo

チャウヌ、「K-Pop: Lost in America」出演論議中…ハリウッド進出なるか

ユン·ジェギュン監督の次期作を前向きに検討中

다혜
a month ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図全くありません)


俳優チャウヌ、ユン·ジェギュン監督の「K-Pop: Lost in America」出演成功に集まる期待感


海外デビューを控えたK-POPボーイズグループ役の提案に論議中


(この写真の著作権は韓国日報にあります)

グループASTROのメンバー兼俳優のチャウヌが、ハリウッド作品進出を論議中だ。Fantagio Music提供


グループASTROのメンバー兼俳優のチャウヌが、ハリウッドに進出するだろうか。 


1日、所属事務所Fantagioの関係者は韓国日報に、「チャウヌが映画『K-Pop: Lost in America』(仮題)の出演を提案され、前向きに検討中だ。ただ、まだ確定したことはない」と言葉を慎んだ。


伝えられたところによると、「K-Pop: Lost in America」は、ニューヨークで海外デビューを控えたK-POPボーイズグループが、ショーケースを2日後に控えてミスによりテキサスへ誤って行ったことで、お金も時間も携帯電話もない状況でどうにかニューヨークに行こうとしながら起きる出来事を描く。イ·ミギョン

CJグループ副会長とハリウッド制作者リンダ·オプストが共同制作し、「海雲台」「国際市場」のユン·ジェギュン監督が演出する。 


外信は、「K-Pop: Lost in America」にハリウッド俳優レベル・ウィルソンとタルス·メルトンが出演すると明らかにした経緯がある。チャウヌはこれまで、「最高の一発〜時空を超えて〜」「私のIDは江南美人」「新米史官ク·ヘリョン」「女神降臨」などに出演しながら、演技者としての活動を続けてきた。そのため、チャウヌがハリウッドに進出するのかについて大きな関心が集まった状況だ。


一方、チャウヌは今年上半期中、様々なジャンルと分野を行き来する活発な活動を繰り広げた。まずASTROとして3枚目の正規アルバムを発売し、興行パワーを再び立証した。ASTROは正規3集の活動前後に国内単独ファンミーティングと韓国と日本での単独コンサートを開催し、多くのファンたちと熱い熱気を共有したりもした。これと共にチャウヌは、OCN「アイルランド」の撮影を終えながら、演技の歩みを続けている。


おススメ
LoadingIcon