logo

今月の少女チュウの笑顔の裏には何があったのか

カムバック直後に事務所移籍説…マネージャーなしでスケジュール?

다혜
2 months ago


(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図全くありません)


(この写真の著作権はNEWSISにあります)

今月の少女チュウ。写真 │ スタートゥデイDB


チュウの笑顔の裏には一体何が起こっているのだろうか。


グループ今月の少女のメンバー チュウ(本名キム·ジウ、23)が、所属事務所移籍説に包まれた。わずか3日前にサマースペシャルアルバムでカムバックし、本格的な活動を控えた状態で提起された移籍説に、雰囲気は物騒だ。 


22日にあるメディアは、チュウが現所属事務所BlockBerry Creativeを離れ、BY4M STUDIOに移籍すると報道した。チームの主要メンバーの去就と関連した敏感な話題に、所属事務所の公式立場が直ちに出ておらず、ファンの心も動揺している。


チュウと所属事務所の敏感な関係は、早くから水面上に浮上した。昨年12月、BlockBerry Creativeを相手に専属契約効力停止仮処分申請を提出し、今年初めに一部勝訴判決を受けた事実が遅れて伝えられたが、所属事務所はこれといった立場を示さなかった。 


以後、チュウは今月の少女の一員としてMnet「QUEENDOM2」に臨み、チームは準優勝を獲得しながら所期の成果を上げたが、その後公開された今月の少女のワールドツアースケジュールに参加しないという告知が出たことで、ファンたちを驚かせた。チュウのワールドツアー不参加に関連し、所属事務所は「事前に確定している下半期活動スケジュール」のためだと明らかにし、チュウも同じく今月20日、サマースペシャルアルバム「Flip That」発売記念ショーケースの席で、ファンたちに直接申し訳ない気持ちを表わした。


そんな中、チュウの移籍説が提起され、チュウがこれまでスケジュールをマネージャーなしに消化してきたなど、確認されていない噂も再び水面上に浮上した。 


論難や話題に対する明快な釈明が何よりも重要な業界で、チュウの去就を巡る現在の曖昧な雰囲気は、上り調子の真っ最中にいるタイミングである今月の少女に、否定的な影響として作用している。チュウを含め今月の少女は、直ちに23日からMnet「M Countdown」など、音楽放送番組を通じて新曲活動を展開していくだろうが、明るく笑う彼女たちを見つめるファンの心は複雑微妙にならざるをえない。 


一方、自身の去就と関連した報道が出た後、チュウは今月の少女のファンダムプラットフォームを通じて、「私は私が好きな人たちのためには最善を尽くす」とし、「Orbit(ファンクラブ名)たち、メンバーたちのために私ができる限り最善を尽くす。心配しないで。私が守りたいものは私の努力でできる限りすべて守る」という、意味深長な書き込みを残した。


おススメ
LoadingIcon