logo

2022韓国観光ビザ申請方法(2022.07.05アップデート)

韓国の一般観光(C-3-9)申請が開始ついに開始! 申請の必要書類を各地域の領事館別にまとめました

yeong
3 months ago

出典:헤럴드경제

こんにちは  

韓国人が毎日お伝えする
最新韓国旅行情報Creatripです!


2022年6月に韓国は外国人観光客の短期ビザ(C-3-9)申請を再開すると発表しました。

また、ワクチン接種の有無にかかわらず隔離は免除されます。

以前のようなビザなしでの入国はまだもう少し時間がかかりそうですが、こうして観光ビザが再開しただけでも、段々と自由に行き来ができる日が近づいてきていることは間違いないようです!

今回は日本の各韓国領事館への申請関連情報を整理してみました。


マルチビザの詳細が出ている領事館はその情報も載せています。


お役に立てれば幸いです  


  Our instagram

  Creatrip Youtube


2022年07月05日アップデート


韓国一般観光ビザ(C-3-9)申請

駐日韓國大使館

  • 管轄地域:東京都, 千葉県, 埼玉県, 栃木県, 群馬県, 茨城県
  • 住所:東京都 港区 南麻布 1-7-32
  • TEL : 03-3455-2601~3
  • 詳細:https://overseas.mofa.go.kr/
施行日時
2022年6月1日(水)から
発給対象
団体観光等(C-3-2)に該当しない一般観光客
査証発給内容
滞在期間:90日以内、査証有効期間は発給日から3ヶ月査証発給
所要期間
約1~2週間
提出書類
査証発給申請書、パスポート(有効期間6ヶ月以上)、パスポートのコピー(人的事項面)、写真(カラー3.5ⅹ4.5)、航空券(往復)のコピー



駐大阪総領事館

  • 管轄地域:大阪府, 京都府, 滋賀県, 奈良県, 和歌山県
  • 住所:大阪市 中央区 西心斉橋 2-3-4
  • TEL : 06-6213-1401~5
  • 詳細:https://overseas.mofa.go.kr/
施行日時
2022年6月1日(水)から
発給対象
団体観光等(C-3-2)に該当しない一般観光客
査証発給内容
滞在期間:90日以内、査証有効期間は発給日から3ヶ月査証発給
所要期間
約3~4週間
提出書類
査証発給申請書、パスポート(有効期間6ヶ月以上)およびパスポートのコピー(顔写真ページ見開き一枚)、カラー写真1枚(3.5x4.5cm、背景:白、6ヶ月以内に撮影したもの)、査証申請日から1ヶ月後の航空券のコピー(査証発給まで3週~4週間の所要期間を予想・参考し、1ヶ月後の航空券のコピーを提出)、ホテル予約確認書(知人(家族)の家で宿泊する場合:宿泊場所の住所、電話番号、知人(家族)の姓名と生年月日)、現住所地が確認できる住民票(原本)または運転免許証やマイナンバーカードなど公的身分証明書の提示およびコピー(両面)





駐福岡総領事館

施行日時
2022年7月1日(水)から
マルチビザ適用種類
C-3-1(訪問)、C-3-4(商用)、C-3-9(観光)
査証発給内容
滞在期間:90日以内、査証有効期間は発給日から1年
所要期間
約2~3週間
提出書類
6ケ月以上有効なパスポート(原本)とコピー1枚、査証発給申込書、カラー証明写真1枚(4.5cm×3.5cm)、往復航空券予約確認書(e-ticketなど、名前、日付、便名などの情報が必要)、ホテルまたは在留予定場所の予約確認書(名前、住所、電話番号などの情報が必要、知人やご親戚宅に滞在される場合、その方の身分証明書をコピーして、滞在期間と住所・連絡先を記入)、住民票(原本、1ケ月以内に発行されたもの)、(学生の場合) 学生証または在学証明書のコピー、(整形手術などの医療観光ビザ) 病院の招待状または診療確認書



駐広島総領事館

  • 管轄地域:島根県, 広島県, 山口県, 愛媛県, 高知県
  • 住所:広島市 南区 東荒神町 4-22
  • TEL : 082-568-0502~3
  • 詳細:https://overseas.mofa.go.kr/
施行日時
2022年7月1日(水)から
発給対象
団体観光等(C-3-2)に該当しない一般観光客
査証発給内容
滞在期間:90日以内、査証有効期間は発給日から3ヶ月査証発給
所要期間
約2週間
提出書類
ビザ申込書、証明写真(3.5*4.5cm、6ヶ月以内に撮影したもの)、パスポート(残存期間6ヶ月以上)、往復航空券予約確認書(e-ticket、申請日基準2週間以降の日程の予約確認書)、ホテル予約確認書(又は宿泊予定地の情報-住所、電話番号)、同意書(未成年者18歳未満)
*審査に必要と判断されたら、後から追加書類を求める場合もあります。(例:旅行計画書、住民票、残高証明書など)



駐名古屋総領事館

  • 管轄地域:愛知県, 三重県, 福井県, 岐阜県
  • 住所:名古屋市 中村区 名駅南 1-19-12
  • TEL : 052-586-9221~3
  • 詳細:mofa.go.kr
  • マルチビザ詳細↓https://overseas.mofa.go.kr/
施行日時
2022年5月25日(水)から
マルチビザ適用種類
C-3-1(訪問)、C-3-4(商用)、C-3-9(観光)
査証発給内容
滞在期間:90日以内、査証有効期間は発給日から1年
所要期間
約1週間
提出書類
ビザ発給申請書(添付様式)、カラー写真 1枚(3.5*4.5cm、背景 白、6ヶ月以内に撮影したもの)、パスポート(有効期間6ヶ月以上)及びパスポートのコピー(人的事項面) 1枚、住民票または運転免許証の両面コピー 1枚、往復航空券予約確認書(e-ticketなど、申請日から2週間以降の日程)、ホテル予約確認書(又は宿泊予定地の住所、電話番号など、知人や家族などの家で宿泊する場合は知人・家族の身分証明書のコピー(住民登録証、運転免許証、パスポート、外国人登録証など)を姓名と生年月日、関係、宿泊予定地の住所、電話番号を身分証明書のコピーの余白又はA4などの用紙に記載して提出
*必ずビザ申請日から2週間以降の往復航空券のコピーを提出(申請日と航空券出発日のを必ず確認)



駐横浜総領事館

  • 管轄地域:神奈川県, 静岡県, 山梨県
  • 住所:横浜市 中区 山手町 118
  • TEL :  045-621-4531~2
  • 詳細:mofa.go.kr
  • 申請:7.31まで訪問予約可能、8.1~オンライン予約開始
施行日時
2022年6月1日(水)から
発給対象
団体観光等(C-3-2)に該当しない一般観光客
査証発給内容
滞在期間:90日以内、査証有効期間は発給日から3ヶ月査証発給
所要期間
約2~3週間
提出書類
査証発給申請書 、パスポート用規格写真(3.5×4.5, 背景は白, 6ヶ月以内に撮影)、パスポート(申請日基準有効期限6ヶ月以上必要)、パスポートのコピー 1部、住民票(発行日から3ヶ月以内、世帯全員載せの省略なし)原本、日本の戸籍謄本 原本(発行日から3ヶ月以内)、予約航空券





駐神戸総領事館

施行期間
2022年7月1日 ~ 2022年12月31日(6か月)
マルチビザ適用種類
C-3-1(訪問)、C-3-4(商用)、C-3-9(観光)
査証発給内容
滞在期間:90日以内、査証有効期間は発給日から1年
所要期間
約3~4週間
提出書類
査証発給申請書、パスポート(有効期間6ヶ月以上)およびパスポートのコピー(顔写真ページ見開き一枚)、カラー写真1枚(3.5x4.5cm、背景:白、6ヶ月以内に撮影したもの)、査証申請日から1ヶ月後の航空券のコピー(必ずビザ申請日から2週間以降の往復航空券のコピーを提出、申請日と航空券出発日のを必ず確認)、ホテル予約確認書のコピー(知人(家族)の家で宿泊する場合:宿泊場所の住所、電話番号、知人(家族)の姓名と生年月日)、現住所地が確認できる住民票(原本)または運転免許証やマイナンバーカードなど公的身分証明書の提示およびコピー(両面)



駐札幌総領事館

  • 管轄地域:北海道
  • 住所:礼幌市中央区北二条西12-1-4
  • TEL : 011-218-0288 
  • 詳細:mofa.go.kr
施行日時
2022年6月1日(水)から
発給対象
団体観光等(C-3-2)に該当しない一般観光客
査証発給内容
滞在期間:90日以内、査証有効期間は発給日から3ヶ月査証発給
所要期間
約2週間
提出書類
査証発給申請書、パスポート(有効期間6ヶ月以上)、パスポートのコピー(人的事項面)、写真(3.5*4.5cm カラー証明写真)、査証申請日から1ヶ月後の航空券のコピー、査証申請日から1ヶ月後の航空券のコピー、国内滞在経費支払いのための財政能力立証書類、住所地の確認できる身分証明書



駐新潟総領事館

  • 管轄地域:長野県, 新潟県, 富山県, 石川県
  • 住所:新潟市中央区万代島5-1 万代島ビル8階
  • TEL :025-255-5555
  • 詳細:mofa.go.kr
施行期間2022年7月1日~2022年12月31日(6ヶ月)
発給対象
団体観光等(C-3-2)に該当しない一般観光客
査証発給内容
滞在期間:90日以内、査証有効期間は発給日から3ヶ月査証発給
所要期間
約2週間
提出書類
査証発給申請書、パスポート(有効期間:申請日から6ヶ月以上)、写真1枚(カラー3.5×4.5cm、背景白色、6ヶ月以内撮影)、パスポートのコピー(人的事項面)、住民票(全世帯が記載されているもの)、往復航空券のコピー
*査証発給まで3週~4週間の所要期間を予想・参考し、1ヶ月後の航空券のコピーを提出しなければならない



駐仙台総領事館

  • 管轄地域:青森県, 秋田県, 岩手県, 山形県. 福島県, 宮城県
  • 住所:仙台市 青葉区 上杉 1-4-3
  • TEL : 022-221-2751~3 
  • 詳細:https://overseas.mofa.go.kr
施行日時
2022年6月1日(水)から
発給対象
団体観光等(C-3-2)に該当しない一般観光客
査証発給内容
滞在期間:90日以内、査証有効期間は発給日から3ヶ月査証発給
所要期間
申請から発給まで1週~2週間
提出書類
査証発給申請書、パスポート(有効期間6ヶ月以上)、パスポートのコピー(人的事項面)、写真(3.5*4.5のカラー)、航空券予約証明書、住所地記載のある身分証のコピー)



※提出書類は日本国籍をお持ちの方基準です。その他の国籍を有する場合は、HPからご確認ください。

※情報は2022年7月5日現在のものです。以降迅速なアップデートをするようにしますが、正確な情報は各領事館HPをご覧になることをおすすめします。


また、規定がない領事館も原則として預金証明書証書は、銀行や郵便で発行できる英語を中心に作成することをおすすめします。


マルチビザ(滞在期間:90日以内、査証有効期間は発給日から1年)の申請が可能となり申請書類などが明確に記載されている領事館は現時点(2022年7月5日)で福岡、名古屋、神戸のみでした。

いずれのビザもビザが発行されてから3か月以内に出国する必要があります。

そうでない場合、ビザが無効になります。また、韓国のビザをもともと保有している場合、観光ビザを申請すると、元のビザは無効になります。






観光ビザを申請した後、K-ETAを申請する必要は?

K-ETAは現在「韓国へのビザなし入国」が国にのみ提供されています。

観光ビザまたは長期ビザを申請した場合は、K-ETAを申請する必要はありません。

K-ETAとは



韓国観光ビザで入国後ビザを延長または他のビザに変更は可能?

観光ビザの1回の滞在期間は90日であり、韓国では観光ビザを延長することはできません。 韓国到着後に他の長期ビザへの切り替えについて質問がある場合は、日本の韓国駐在員事務所または韓国外国人のための特別線1345に電話してください。





空港鉄道AREX直通列車の割引きチケットの予約はコチラ

SIMカードが₩11,000で購入できるイベントも開催中(2022.07.31まで)!コチラ




  Our instagram

  Creatrip Youtube


おススメ
LoadingIcon