logo

短期訪問及び電子ビザ発給再開、済州ビザなし入国、K-ETA可能国家変更

6月から外国人観光客に短期訪問及び電子ビザ発給が再開されます(+済州島ビザなし、K-ETA入国まで)

Yujin Jeong
a month ago

こんにちは  

韓国人が毎日お伝えする
最新韓国旅行情報Creatripです!


韓国は6月から外国人観光客短期訪問、電子発行を再開し済州島および襄陽(ヤンヤン)国際空港を通したビザなし入国を許可し、外国人観光客を迎えている動きを見せています!



  Our instagram

  Creatrip Youtube


外国人観光客短期訪問・電子発行再開


出典:동아일보


法務部は5月19日、コロナ19流入遮断のために2年以上中断していた外国人観光客の*短期訪問(C-3)・電子発行を22年6月1日から再開すると発表しました。

*短期訪問(C-3資格)は、市場調査、相談などの商用活動や観光、療養、知人訪問、会議参加などを目的に90日以下訪問しようとする人に付与されるビザです。


一般国家(level 1)に分類した国の外国人を対象に短期訪問および電子ビザ発行を再開します。

 22年5月現在、level2国家はありません。

つまり、これまで必須目的訪問者のみに制限的に許可していた短期訪問ビザの発行が、一般国家外国人を対象に団体・個別観光、親指訪問、商用活動などあらゆる分野に拡大されたのです。


また、20年4月6日に中断されていた優秀人材、外国人患者、団体観光客などを対象とする電子ビザの発行も再開します。

電子発行は、海外優秀な人材及び団体観光客などが在外公館を訪れることなくオンラインで迅速に電子査証を発行できるように支援するサービスです。


発給対象は専門人材及びその同伴家族、外国人患者とその同伴家族及び介護者、商用目的頻繁出入国者、在外公館長が指定(法務部長官承認)した国外専担旅行会社が査証申請を代行する団体観光客、優秀大学で指定された大学席・博士課程入学予定者、科学技術分野招待外国人科学者が該当します。

一方、効力が暫定停止された短期複数ビザの効力が復活します。

20年4月13日に停止された複数回訪問可能な短期復讐ビザ効力を20年4月5日以前に発行されたビザとしてその有効期間が残っている場合は、別途の措置なしに使用が可能です。




日本、台湾、マカオの訪問者ビザの緩和
(2022.06.29発表)


【複数ビザ発行可能、申請書類の簡素化】

7月1日から日本、台湾、マカオ等の訪韓客は22年7月から韓国訪問が何度も可能な複数ビザ(C-3)(マルチビザ)の発行が可能になりました。(現時点で(2022.07.05)明確に記載されている領事館:福岡、名古屋、神戸)

従来は観光目的で訪韓する場合、90日以内に1回だけ使用可能な単数査証を発行することができましたが、今では観光客が望む場合、複数回韓国を訪れることができる1年間有効な複数査証の発行が可能だということです。

また、申請書類も申請書、パスポート、往復航空券と簡素化されます。


[5人以上団体観光客電子査証制度]

5名以上の団体観光客の場合には在外公館に直接訪問する必要がないオンラインビザ発行も可能になる予定です。

団体旅行者に対しては電子査証制が施行されます。

在外公館が指定した国外専門旅行会社を通して訪韓する5人以上の団体観光客がその対象です。

これらは在外公館(在日韓国大使館や領事館等)訪問なしで法務部電子ビザセンターを通じてオンラインビザ発行が可能になります。


ただし、電算システムの整備などの手続きが完了し、国外専門会社の旅行会社の指定などが完了するにつれて施行される予定です。


法務部は今回の措置を無査証入国制度が再度施行されるまで一時的に運営する予定です。

また、国内防疫状況によって変動する可能性もあります。




済州島と襄陽国際空港のビザなし入国


出典:뉴시스


コロナ19によって暫定中断された済州と襄陽国際空港のビザなし入国制もやはり22年6月1日から再開されます。

24カ国(イラン、スーダン、ガーナ、エジプトなど)を除く外国人は、ビザなしで済州空港を通じて入国し、30日間済州島に滞在することができます。

ただし、滞在地域は済州島に限定されます。


現在、済州島でビザなし入国可能な102カ国の国民だけが入国前電子旅行許可(K-ETA)を受け取れば済州島外地域に移動して滞在することができています。


また、襄陽国際空港を通じて入国したベトナム、フィリピン、インドネシア、モンゴル国籍の5人以上の団体観光客もビザなしで15日間江原道および首都圏を旅行することができます。

ベトナム、フィリピン、インドネシア国民は6月から、モンゴル国民は10月から可能です。

これらは、江原道が指定した旅行代理店または現地の専任旅行代理店を通じて募集された人数に限り、入国した便と同じ便で出国しなければなりません。


これにより、来る6月2日からバンコクとシンガポールを始め、国際線のフライト運航も再開されます。

済州航空は6月2日と6月6日の2回にわたり、済州とバンコク間のチャーター機運航を再開しました。

続いて6月15日からはシンガポール国籍のスクート航空がチャンギ国際空港と済州国際空港を行き来する路線を週3回定期運航する予定です。





K-ETA申請対象国家



一方、韓国と査証免除協定が締結されたり、韓国でビザなし入国が許可される国の国民は観光、知人訪問、各種行事や会議参加などの目的で韓国に入国したい場合、オンラインで事前に個人及び旅行 情報を提供し、簡単に旅行許可を受けることができるK-ETAを活用して韓国に訪問することができます。 ただし、滞在可能日は国によって異なり、30日~90日以内です。



対象国家 : タイ、アメリカ、カナダ、オーストラリア、トルコ、フランス、ギリシャ、デンマーク、ドイツ、ロシア、メキシコ、ベルギー、ベネズエラ、ブラジル、イギリス、オーストリア、イタリア、チェコなど、以下のリンクに記載されている国のパスポートを所持している 場合 大韓民国K-ETA申請が可能です。



K-ETA 申請資格


韓国政府は海外からコロナ19流入遮断のために20年4月13日(月)から一部国家と査証免除協定を暫定停止しました。

22年5月1日以降、ニュージーランド、パナマ、ペルー、ブルネイ、サウジアラビア、クウェートの合計6カ国が査証免除協定の暫定措置から解除されました。

したがって、現在(~22.5.1)は、米国、イギリス、オーストラリア、シンガポール、ドイツ、タイなど合計102カ国でk-eta申請が可能になりました。



韓国入国時ビザまとめ




おススメ
LoadingIcon