Creatrip: 韓国人も間違える韓国語
logo

韓国人も間違える韓国語

歌詞、バラエティー、ニュースでも間違えちゃう韓国語!外国人のほうがむしろ正確⁉

yeong
2 years ago

韓国語、語学院、韓国ドラマ、韓国バラエティー、韓国ニュース、韓国文化、韓国人も間違える韓国語

こんにちは  

韓国人が毎日お伝えする
最新韓国旅行情報Creatripです!



日本語で「受賞・授賞」「保証・保障・補償」などのように同じ発音でもちがう意味の言葉は間違えやすいですよね  

韓国語も同じで、発音は似ているけど、文字にすると違いがはっきりと表れてしまう言葉がいくつかあります。

そんな韓国人もよく間違える韓国語をさっそくご紹介します  

Our instagram

🤞🏻 Creatrip Youtube


韓国人も間違える韓国語

1. 안 되 / 안 돼

韓国語、語学院、韓国ドラマ、韓国バラエティー、韓国ニュース、韓国文化、韓国人も間違える韓国語

「되(ドェ)」の基本形は「되다(ドェダ)」ですが、接尾語がつくときには「돼(ドェ)」(되어の縮約形)に変化します。

日常会話でよく使われる「アンドェ(ダメ  )」を多くの韓国人が「안 되」と表記してしまいがちですが、本来は「안 돼」と書くのが正しいです。





2. 뵈요 / 봬요 / 봐요


「보다(ポダ)」は見る  という意味の他にも(人に)会う  ことも意味するので、韓国ドラマでは「내일 봐(明日会おう)」や「또 봐요(また会いましょう)」などとよく使われます。

「보아요(ボアヨ)」が縮約されて「봐요(ポァヨ)」になります。

韓国語、語学院、韓国ドラマ、韓国バラエティー、韓国ニュース、韓国文化、韓国人も間違える韓国語

そして、職場や目上の人などに使う時の「お会いする」は「뵈다(ベダ)」を使います。

先ほどの「되다(ドェダ)」と同じく「뵈어요(べオヨ)」が縮約されて正しくは「봬요(べヨ )」となりますが、「안되요」のように「뵈요」と間違った表記をすることがよくあります。





3. 몇일 / 며칠

韓国語、語学院、韓国ドラマ、韓国バラエティー、韓国ニュース、韓国文化、韓国人も間違える韓国語

韓国語を勉強したことがある方は「何日・数日」は韓国語で「며칠(ミョッチル)」ということは知っていますよね?

ですが、たくさんの韓国人が「몇일」と間違ってしまうんです。

実際「몇(いくつ/何)」と「일(日)」の一文字ごとの意味も同じで、発音も同じなので間違いだということを今まで知らなかったという韓国人もいるくらい  

何日と聞きたい時や数日と言いたい時は「며칠」が正しい韓国語です。




4. 설레임 / 설렘

韓国語、語学院、韓国ドラマ、韓国バラエティー、韓国ニュース、韓国文化、韓国人も間違える韓国語

「설레다(ソㇽレダ)」は「ときめく、胸が高鳴る」と言う意味です  

多くの韓国人はこの感情を「설레임(ソㇽレイム)」と表現したりますが(この間違い本当に多い!!)、公式韓国語では「설레이다(ソㇽレイダ)」という言葉はなく、「설레다」しかありません。

なので、ときめきを表現したい時は「설렘」と言うのが正しい綴りになります。

※動詞や形容詞を名詞化する時に「ㅁ」パッチムがつきます。


韓国語、語学院、韓国ドラマ、韓国バラエティー、韓国ニュース、韓国文化、韓国人も間違える韓国語




5. 바라요 / 바람 / 바래요 / 바램

「望む・願う」などの韓国語は「바라다(パラダ)」と言い、縮約形は「바라(パラ)」となりますが、「바래(パレ)」と表記されているものもたくさんあります。

韓国語、語学院、韓国ドラマ、韓国バラエティー、韓国ニュース、韓国文化、韓国人も間違える韓国語


また、名詞化すると「바램(パレm)」ではなく「바람(パラm)」となりますが、「바람」は「風」と言う意味もあるので、区別するためにわざと「바램」と表記したりします。

韓国人の間では暗黙の了解ですが、文法的には間違った表現です。




6. 인마 / 임마


韓国のバラエティ番組やドラマを見ていて、冗談やケンカの時に「この野郎」という意味の「야 인마(インマ)」を聞いたことがありますか?

これはお互いに親しい間柄だけに使える言葉で、年上の人にはどんなに仲が良くても使わないでください 

正しくは「인마(イnマ)」なのですが、「임마(イmマ)」と間違える韓国人もたくさんいます。

どちらも発音が本当に似ていて、会話でどちらでも伝わりますが、万が一、書くときには間違えないようにしてください (ない事を願いますが...) 




7. 매다 / 메다


これは本当にわかりにくい言葉で、ハングル辞典サイトで「매다」と「메다」の使い方について質問する韓国人もいるほどです。

発音はほぼ同じで、日本語で表すと両方「メダ」となり読むことに問題はありませんが、書くときには注意が必要です  

ネクタイ、靴紐、ベルト、シートベルトなどを「締める・結ぶ」時に動詞「매다」を使い  

「메다」は鞄やおみこし、将来などを「担ぐ・担う・背負う」時に使います  




8. 어떻게 / 어떡해 / 어떻해


「どうやって・どのように」と言う意味の「어떻게(オットッケ)」と同じ発音で似たような意味の「어떡해(どうしよう)」も本当にややこしい韓国語で、メディアでも間違えることもしばしば。

「어떻게」は単体では使わずに後に必ず動詞が続く必要があります。

「어떻게 해?(どうするの?)」が縮まって「어떡해」となったのですが、間違えの「어떻해」を使う方もたまにいます。間違った表現ですが意味は伝わります  


韓国語、語学院、韓国ドラマ、韓国バラエティー、韓国ニュース、韓国文化、韓国人も間違える韓国語





いかがでしたか?

今回ご紹介したのはよく使われる簡単な表現ほど間違えやすい韓国語なので、タイピングする時など韓国人よりも外国人のほうがミスが少なかったりもします  

他にも面白い韓国語がたくさんあるので楽しく学んでみてください  




Our instagram

🤞🏻 Creatrip Youtube

ここまで、韓国人も間違える韓国語についての記事でした。お問い合わせ事項がある場合、本ブログ記事のコメント欄にご記入いただくか、support@creatrip.com までメールもしくは、公式ライン @creatripまでメッセージを送ってください。


RecommendIcon
おススメ
LoadingIcon