logo

‘プロデュース101投票造作’アン・ジュニョンPD、懲役2年

総括PDには懲役1年8ヶ月

다혜
2 years ago

(このニュースは情報提供が目的であり商業的な意図は全くありません)


法院“視聴者の信頼を完全に裏切った”

キム・ヨンボム総括PDは懲役1年8ヶ月


(この写真の著作権はハンギョレにあります)

ガールズグループを国民投票形式で選抜したオーディション番組 Mnet<プロデュース101>シーズン1のシーン。Mnet提供


エムネット(Mnet)のオーディション番組‘プロデュース101’シリーズで投票を造作した嫌疑で裁判にかけられたアン・ジュニョンPDに、実刑が宣告された。


ソウル中央地裁刑事21部(裁判長キム・ミリ)は29日、投票を造作し芸能企画社の関係者たちから接待を受けた嫌疑(詐欺、背任収賄)で起訴されたアンPDに、懲役2年と追徴金3700万ウォン余りを宣告した。共に起訴されたキム・ヨンボム総括PDには懲役1年8ヶ月が宣告された。

‘プロデュース101’シリーズ番組は既存のオーディション番組とは違い、一般視聴者たちの投票のみでメンバーを選定する形式で企画され関心を集めた。シーズン1〜4のメインプロデューサーとして制作に参加したアンPDは、視聴者たちの有料SMS投票の結果を造作した嫌疑で起訴された。


またアンPDは2018年1月から2019年7月まで、芸能企画社の関係者たちから所属練習生の放送出演の代価として計41回に渡り3700万ウォン相当の接待を受けた。


裁判部は投票結果を造作した犯行について、“デビューという一つの目標のために汗と涙を流しながら最善を尽くした参加者たちの熱情と、直接デビューメンバーを選抜できるという視聴者たちの信頼を完全に裏切った”としながら、“放送という理由で容認できる範囲を超えた権限乱用を犯した”と明らかにした。

裁判部は芸能企画社の接待と関連して個人的な親睦で会っただけだというアンPDの主張をめぐり、“高価な酒を周期的にもてなす芸能企画社の関係者たちの意図を全く知らなかったという納得し難い言い訳をしている”としながら、“酒席の代価として不正行為が起きたという点は明らかになっていないが、そのような疑いを呼び起こしたということだけでも責任は軽くない”と指摘した。


裁判部はキム・ヨンボム総括PDに対しては、“放送が基本趣旨に合わせて原則と基準を遵守しながら制作されるよう指揮・監督する地位にいたが、指揮下のPDたちを連れて順位造作を謀議したという点で責任がとても重い”としながらも、“SMS投票による収益は全て寄付されるか返還が予定されており、実質的に会社に残る利益はない点を考慮して刑を決めた”と明らかにした。

現在、第4シーズンのデビューグループX1は解散し、メンバーは元のグループまたはSOLO活動に戻りました。第3シーズンのIZ * ONEは今年の初めに少し休み、11月11日発売予定だったが、延期された1stフルアルバムでカムバックを果たした。そして来る6月15日、3rdミニアルバム『Oneiric Diary (幻想日記)』が発売予定。

チャン・ピルス記者 feel@hani.co.kr



おススメ
LoadingIcon